つむじ 薄い 男性

早めに対策しておくべき!

つむじが薄くなってきたら焦りますよね。

 

つむじって洗面台の鏡と手鏡を使わないと自分では見れないから、普段はチェックもおこたりがちです。
でも、ある日家族からズバリ指摘されてしまい、あせってチェックしてみるたら、けっこう進んでたんですよね。。

 

つむじが薄いのはAGA?

男性でつむじが薄い場合、原因は男性型脱毛症(AGA)と考えちゃって良いみたいです。

 

AGAには特徴があって、男性で前髪がM字に進行したり、つむじから禿げてくる場合はほぼAGAの症状になるようです。

 

とくに日本人はつむじから先に進行する場合が多いそうです
細かい話はこちらにまとめました。→日本人のAGAの特徴について

 

AGAを治すには・・・と考えると、テレビでもCMをやっているように、まずはお医者さんに相談的なのが一番確実です。

 

ただ、医者で治す=医療用の薬を使うということは、副作用があるという意味なんですね。。
詳しくは、こちらにまとめました→信頼できるクリニックを選ぶ私の基準

 

AGA薬に副作用あり

特につむじだと「ミノキシジル」という薬で治します。
ミノキシジルだと、リアップにも含まれてるので、薬剤師さんと相談すればどこでも買えます。

 

でも、私の場合、親族に心臓の弱いおじさんがいたり、血圧がちょっと高いのが気になってたので、薬剤師さんに相談したら、「気になるならミノキシジルはやめた方が良い」と言われました。。

 

だからミノキシジル以外の育毛剤やサプリから試すことにしました。

 

ミノキシジル以外に良い育毛剤とか本当にあるのかなと、最初は疑ってかかってましたが、実際に探してみると副作用が無くてミノキシジルより良いといわれている育毛剤も見つかり、安く済むのが分かって安心しました。

 

私が探した中からつむじにオススメの育毛剤をいくつか紹介します。

 


男性のつむじ対策におすすめの育毛剤

チャップアップ

 

ミノキシジルと同じように働くM-034という成分が人気の育毛剤です。
その中でも成分的に一番多くの種類が配合されているのがチャップアップです。

 

公式サイトにグラフがあるのですが、このM034というのが、ミノキシジルと大体おなじ効き方のグラフを描くんですね。

≫チャップアップの公式サイトへ

 

 

MSTT1




つむじ専用という珍しいタイプの育毛剤です。
つむじだけ薄い、という場合にはこれもおすすめです。
天然由来の成分で副作用がありませんし、毛母細胞やDHTに働くという薄毛の基本もカバーしています。

 

また、つむじの育毛では、つっぱった皮膚にいかに育毛剤を浸透させるかというのも大事です。
そのための専用のマッサージ器がついてくるのもいいですね。

 

≫MSTT1の詳細はこちら

 

ザ・スカルプ5.0c

 

↑あの成分の3倍と書いてありますが、あの成分とはミノキシジルのことだと書いてありました。
新しい成分のキャピキシルというのがその強力なパワーで、しかも副作用がないというんですね。

 

ミノキシジルの働きを強めたとまで言うのですから、つむじ用としては試してみたい育毛剤ですが、キャピキシル自体が新しい成分で、まだ成功例が少ないので、なかなか信じて飛び込めない感はあります。。

 

≫ザ・スカルプ5.0cの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人はミノキシジルの副作用が出やすい

AGAで使われるミノキシジルとプロペシアという2つの薬。
どちらもとてもよく効く薬ですが、よく効くだけに副作用があります。
ミノキシジルでは心臓に負担がかかるのと、かゆみや湿疹が頭皮にできるいわゆるミノキ焼けという副作用が現れますが、日本人にはこの副作用がでやすく、10人に1人ぐらいの割合になってしまうそうです。

 

プロペシアは、勃起不全や精子の量が減るといった生殖器関連の副作用が出ます。 つむじが薄いのを改善したい人の中には当然異性の存在を意識しての方も少なくないはずなのに、この副作用というのは非常に酷です。

 

 

 

副作用がほとんどない方法もある

ミノキシジルやプロペシアと似た働きをする天然由来の成分も存在します。
たとえばM-034は天然由来の成分ですから、効き方はすこしゆるやかなのですが、そのぶん強い副作用というのがありません。

 

最近ではM-034、オウゴンエキス、ヒオウギエキス、亜鉛、ノコギリヤシといった天然由来の成分をうまく組み合わせてまるでミノキシジルやプロペシアのように薄毛の原因を対処するための育毛剤やサプリメントが出てきました。

 

 

??ミノキシジルのように、血流を改善、毛包を活性化する

M-034です。天然の三石昆布(ミツイシコンブ)エキスから抽出された成分で、ミノキシジルのように働きます。最近ではM-034育毛剤というカテゴリにいくつも人気の育毛剤がある状況です。

 

これらの育毛剤は、浸透力などの工夫をかさねた結果、最近では、従来のミノキシジル育毛剤よりも早くに結果が出るようになり、結果が出る割合も従来のものよりも多くなってきました。

 

 

 

??プロペシアのようにDHTを抑制する

オウゴンエキス・ヒオウギエキス
M-034育毛剤と一緒に含まれているのがオウゴンエキスヒオウギエキスです。天然の植物から採れる成分で、頭皮に塗布する育毛剤から毛根に働きかけ、DHTを抑制します。

 

亜鉛、ノコギリヤシ
サプリメントに含まれる成分です。毎日飲むサプリメントから栄養として摂取することでDHTを抑制します。ノコギリヤシはプロペシアと同じくもともと前立腺肥大の治療薬として研究されていました。前立腺肥大の原因もDHTなので、DHTを抑えるのにノコギリヤシも役立ちます。

 

このように、最近ではミノキシジルやプロペシアといった効果のあるしかし副作用のある薬とにたような働きをする成分を組み合わせて、つむじの薄毛に対応する育毛剤やサプリメントがいくつも出始めていて、副作用が気になる人、心臓が弱くてミノキシジルが使えない人や、将来子供が欲しいのでプロペシアが使えない人などに選ばれています。

 

 

 

チャップアップ

 

ミノキシジルと同じように働くM-034という成分が人気の育毛剤です。
その中でも成分的に一番多くの種類が配合されているのがチャップアップです。

 

公式サイトにグラフがあるのですが、このM034というのが、ミノキシジルと大体おなじ効き方のグラフを描くんですね。

≫チャップアップの公式サイトへ

 

日本人の薄毛の特徴

 

実は、日本人と欧米人で薄毛の進行のしかたに結構違いがあるそうです。

 

薄毛の進行具合をパターン分けした「ハミルトン・ノーウッド分類」というのがあります。
名前の通り、欧米人のパターン分け一覧表なのですが、このように、前髪から先に薄くなることを前提としたわけ方なんですね。

 

つまり、欧米人はほとんどの人が前髪から先に薄くなります。

 

これに対して、つむじから先に薄くなるのが日本人の特徴です。
だからフット岩尾みたいなパターンは欧米人では珍しいみたいですね。

 

そのため、日本人のAGA進行度をみるときには、ハミルトン・ノーウッド分類につむじ先行のパターンを加えた「高島分類」というのが使われます。

 

>>もどる

 

信頼できるクリニックを選ぶ私の基準

 

信頼できるクリニックを選ぶときに私が気にしているのは、副作用への対応です。

 

なのですが・・・実際にクリニックに行く前から、副作用への対応の手厚さを知ることって難しいです。

 

いくらホームページに手厚く対応します、とか書いてても、何もわかりませんからね。

 

その点、信頼できるのは「処方の数」です。
自分の体の特性に合わせた処方をしてもらえれば、副作用の可能性を減らせると考えています。

 

最初は、処方って、ミノキシジルをもらうだけじゃないの?
なんて思ってましたが、甘かったです。

 

多いところで、600種類も処方を用意しているクリニックがありました。
※600パターン以上のオリジナル処方 薄毛治療の無料カウンセリング

 

>>もどる